【これから働くなら知っておくべき!】キャバクラの保証時給を上げるポイント

クローバーと黒板

この記事では、これからキャバクラやクラブのような水商売での保証時給を上げるポイントをご紹介しています。

水商売で稼ぐためには、自分を指名してくれるお客様の存在が必要不可欠です。

しかし、新人の頃は自分指名のお客様はいないため思うように稼ぐことが出来ません。

もちろん新人の子が稼ぐことが出来ないのはお店側も分かっています。

ですので、多くの水商売のお店では給料を保証してくれる期間を設けているお店がほとんどです。

そして保証される給料や時給は、面接の時などに決まることが多いです。

そこで、ここでは面接の時に自分の保証時給・保証給料が上がるポイントをご紹介しています。

保証時給が上がるポイントを理解しておくだけでも、保証期間中の給料が多く貰うことも可能です。

ぜひ参考にしてみて下さい!

給料保証・時給保証の仕組み

冒頭でも説明した通り、水商売のお店では新人の子が働く場合、

  • お店に慣れるまでの期間
  • お客様を指名として獲得するまでの期間

の間、給料を保証してくれるお店がほとんどです。

しかし、どのような基準で保証時給や保証給料が決まるかは意外と知られていなかったりします。

ですので、まずは保証時給を決める際の基準をご紹介したいと思います。

保証時給の決め方とは

実は、保証時給の決め方に関しては面接の時に面接担当の方が

店長

希望時給はありますか?

という質問をすることが多いです。

この「希望時給」とは「保証時給」の事なので、面接の時に自分が保証してもらいたい時給を伝えましょう!

でも、いくらくらいの時給を言えば良いか分かんないよ…。

と内心思っている女の子は多いと思います。

実際に私が面接を受けていた頃は思っていました。

そこで参考にしたいのが、面接を受けているお店のセット料金です。

セット料金と保証時給の相場
  • 高級店:9,000円(1セット60分)=時給5,000円~
  • 中級店:7,000円(1セット60分)=時給3,000円~4,000円
  • 大衆店:5,000円(1セット60分)=時給2,500円~3,000円

上記を基準にして時給を伝えれば、お店側も妥当な金額だと思ってくれるので参考にしてみてください。

もちろん自分の希望時給(保証時給)が通らないこともあります。

しかし、次でご紹介する保証時給を上げる10個のポイントを押さえておくだけでも、自分の希望時給が上がる可能性は十分にあります。

保証時給を上げる10個のポイント

ここでは、保証時給を上げる10個のポイントについてご紹介しています。

  • 接客業として押さえておきたいポイント
  • 保証時給が上がる可能性が高いポイント

清潔感がある

空と緑の木

まず水商売は接客業である以上、清潔感のある印象を与えるのは必須ポイントです。

自分がお客様の立場になれば分かることですが、飲食店やアパレルショップなどで清潔感のないスタッフに接客されると不快になりませんか?

水商売は女を武器にした職業でもあるので、清潔感はとても大切です。

ですので、面接の時点で面接担当の方に「清潔感のある女の子」と印象を持ってもらうためにも、面接に臨む際の服装にも気を使った方が良いです。

面接に臨む際のおすすめの服装に関しては「【わざわざ買わなくても大丈夫!】キャバクラのバイト面接におすすめ服装ベスト3」で具体的に紹介しているので参考にしてみて下さい!

インスタ映えな化粧品【わざわざ買わなくても大丈夫!】キャバクラのバイト面接におすすめ服装ベスト3

容姿端麗

美しい二人の女性

男性を相手にする接客業である水商売では、

  • ルックスが整っている女の子
  • スタイルが良い女の子

は圧倒的に有利です。

なぜなら、男性はブスよりは美人の方が喜びますし、指名がもらえる可能性もルックスが良い分有利に働くからです。

ただ、ルックスが整っているだけでは上手くいかないのも水商売の特徴でもあります。

ですので、容姿端麗」に関してはそこまで気にしなくても大丈夫です。

何より、ブサイクな私でも採用されるくらいなので「容姿端麗」に関しては、美人な子やスタイルの良い子は有利なんだな程度に思っておいて良いと思います。

明るい

可愛らしい女の子

「明るい」かどうかも保証時給の上がるポイントには関わってきます。

なぜなら、暗~い地味~な女の子と一緒にお酒や会話してもお客様は楽しむことは出来ないからです。

接客業である以上は、明るく元気にお客様へ接客する必要があるため、面接の時点で「笑顔」で「ハキハキ」とした明るい印象を与えるようにした方が良いです。

ちなみに、人見知りに関してはキャバクラでの接客の経験を積むに連れ全く気にならなくなるので、そこまで心配しなくて良いです。

って言っておきながら、私自身も現役の頃も今も人見知りな性格は直っていません。

しかし、現役で働いていた頃、私が人見知りだと知っていたのはごくわずかのキャストと黒服さん達だったので、当時は

ボーイ

仕事以外だとマジで人見知り発揮するよなぁ~。

とよく言われていました…(苦笑)

ですので、人見知りでも良いのでとりあえず「明るく!元気に!」振舞っておいた方が印象も良くなりますし、保証時給が上がる可能性も高くなると思います。

常識がある(挨拶がきちんとできる)

ハートのクッキーとコーヒー

キャバクラをはじめとする水商売のお店に来店されるお客様は、お昼の仕事をメインに働いている方がほとんどです。

もちろん同業者や経営者の方や有名人の方など様々なお客様が来店されます。

そして、みんなある程度の一般常識はわきまえている方がほとんどです。

水商売に限らず社会に出て働く以上は、

  • きちんと挨拶をする
  • 礼儀をきちんとわきまえる
  • 言葉遣いに気をつける

などは、ある程度気を使っておいた方が良いです。

特に、水商売は他の職業に比べて特殊な部分もあるので、接客中にタブーとされる行為だけはなるべく避けた方が良いです。

詳しくは、「お客様に対して失礼になる禁止事項(後日更新予定)」に詳しくまとめている途中なので少々お待ちください。

シフトに入れる日が多い(〇)

ピンク色のカレンダー

新人の子やキャバクラ未経験の子にとっては、「いかにシフトに多く入る事が出来るか」は採用にも保証時給にも一番関わってくると言っても大げさではありません。

なぜなら、シフトに入れる日が多いということは

  • やる気のある子だという印象を与えることが出来る
  • フリーのお客様に付くチャンスも増える(=指名がもらえるチャンスが増える)

と言ったメリットがあり、お店側もお客様を呼ぶために頑張ってくれれば店売りも上がるので、採用される確率も保証時給が上がる可能性も高くなります。

ですので、キャバクラなどで働くならば「週4以上勤務」で希望を伝えた方が良いです。

私は掛け持ちで働きたいから週4勤務は厳しいな…。

という女の子もいると思います。

  • 掛け持ちで働きたいと思っている女の子
  • 週4以下の勤務で働きたいと思っている女の子

に関しては、キャバクラの店舗で働くよりもキャバクラ専門の派遣会社で働いた方が負担も少なく働きやすいと思います。

キャバクラの派遣に関しては「【元キャバ嬢が暴露】キャバクラ派遣のバイトのメリット・デメリットを徹底解説!」でご紹介しています。

在籍で働くか・派遣で働くかで迷っている方は、キャバクラの派遣がどのようなものなのか知ってから判断しても良いと思います。

青いミラーボールキャバクラ派遣のメリット・デメリットを徹底解説!

遅い時間まで働ける(〇)

ブランデーと氷

水商売の仕事をする場合、活動時間は圧倒的に夜が多いです。

もちろん朝キャバや昼キャバもありますが、やはり夜の方が給料は高くなることが多いです。

しかし、水商売で働きたい子の中には「終電までに帰りたい」という方はいらっしゃると思います。

キャバクラをはじめとする水商売のお店では、深夜まで営業しているお店がほとんどなので終電で帰るということはほぼ出来ません。

また、遅い時間になればなるほどお客様が多くなることだってあるので、終電で帰る女の子はお店側からしたら給率制やベテランキャバ嬢でもない限り負担でしかありません。

つまり、「終電で帰りたい子遅くまで働くことが出来る子」の方が採用される確率も保証時給が上がる確率も断然に高くなります。

ちなみに、キャバクラなどでは少しお金は掛かりますがタクシー代よりはかなり安く送迎してくれるお店がほとんどです。

ですので、遅い時間まで働ける子はなるべく「開店~閉店」まで働けることを伝えた方がやる気をアピールすることも出来るので、保証時給が上がることにも繋がると思います。

週末出勤が出来る(〇)

都会の夜景

水商売のお店では、平日よりも週末や休日の方が圧倒的にお客様の数が多いです。

なぜなら、平日は次の日の事を考えて飲み歩くお客様や豪遊するお客様は少ないからです。

しかし、週末や休日となれば次の日も休みの方が多いため自然と来店されるお客様の数も多くなります。

ですので、忙しくなる週末や休日に出勤が出来るキャバ嬢はお店側からも重宝されます。

重宝されるということは、採用される確率が上がるのはもちろん保証時給だって上がる可能性は十分にあります

何より週末や休日の忙しい日こそ経験を積むのにピッタリなので、なるべく週末や休日は出勤出来ることをアピールした方が良いです。

入店の意思が固い

肯定にチェックした黒板

ぜひこのお店で働きたいんです!

入店の意思が高いことをアピールするのも保証時給が上がるポイントの一つです。

なぜなら、キャバクラのような水商売のお店では、体入だけをくり返す「体入荒らし」と呼ばれるタブーの行為をしてお金を稼ごうとする子は必ずいます。

ですので、「ここのお店で働きたいアピール」をするだけでもお店側は安心しますし、やる気のある子は実際に働き出してからも頑張ってくれるのでお店側も雇いたいと思ってくれます。

やる気もあって頑張ってくれそうな子には、お店側も期待をしているのでお店の期待値を込めて保証時給が高くなるケースはかなりあります。

ですので、面接の時点で「ここのお店で絶対働きたいんです!!」という意思表示はしっかりすることをおすすめします。

自分の顧客を持っている(〇)

ドレスを着たカップル

新人の女の子や未経験の女の子には厳しいかもしれませんが、既に自分を指名してくれるお客様がいる子は保証時給も上がる可能性がかなり高いです。

なぜなら、既に売上を上げる力があると判断されることが多いからです。

水商売も商売である以上は、利益が必要でお店自体の売上は避けて通ることは出来ません。

ですので、店舗を移籍する場合は前のお店で獲得した指名のお客様を切り離さずに、面接の時に指名のお客様がいることをアピールした方が良いです。

新人の子や未経験の子は、自分を指名してくれるお客様がいないのは当然のことなので落ち込まず、その他の保証時給が上がるポイントを押さえておきましょう。

体験入店日に来店予定がある(◎)

コーヒーと手帳

体験入店初日の時点で、指名のお客様の来店予定がある子や同伴予定のある子は、ほぼ確実に保証時給は上げてもらえる事が多いです。

水商売のお店では、毎日の営業が売上との戦いです。

ですので、初日からお客様の予定のある子はお店側にとってとても有難い存在なんです。

また他のお店に目移りしないようにするためにも、保証時給を高く設定してくれることが多いです。

とは言っても新人の女の子や未経験の女の子には、少し厳しい条件でもあるので経験を積んでより給料や待遇の良いお店へ移動するときに使える方法になります。

まとめ

箱に入った花

今回は、キャバクラで働く際の保証時給が上がる10個のポイントをご紹介してきました。

保証時給を上げる10個のポイント
  1. 清潔感がある
  2. 容姿端麗
  3. 明るい
  4. 常識がある(挨拶がきちんとできる)
  5. シフトに入れる日が多い()
  6. 遅い時間まで働ける()
  7. 週末出勤が出来る()
  8. 入店の意思が固い
  9. 自分の顧客を持っている()
  10. 体験入店日に来店予定がある()

の10個になります。

新人の子や未経験の女の子は、とりあえず

  • シフトに入れる日が多い()
  • 遅い時間まで働ける()
  • 週末出勤が出来る()

の3つが出来ることを積極的にアピールすれば、保証時給が上がる可能性は高くなります。

もちろんお店によって判断材料は異なるので、あくまでも参考程度に覚えておいた方が良いと思います。

また移籍を考えている女性は、前のお店で獲得した指名のお客様は絶対に切り離さず、適度な連絡を取りながら移籍先のお店に繋げた方が、負担も軽く保証時給が上がる可能性は高くなります。

一方で、保証時給を下げてしまうマイナスなポイントもあります。

詳しくは、「【これから面接を受ける子へ】キャバクラで働く際の保証時給を下げないポイント」でまとめているので参考にしてみて下さい!

シャンパンタワー【これから面接を受ける子へ】キャバクラで働く際の保証時給を下げないポイント