【面接前から始まっている!】キャバクラのバイトを応募する際のポイント6個

この記事では、キャバクラの面接前の段階である応募の段階で、

  • どのように応募すれば良いのか
  • どうすればキャバクラの面接に受かりやすくなるか

について、電話で応募する場合メールやLINEで応募する場合のそれぞれのポイントについてご紹介しています。

実は、面接前の応募する段階から面接は始まっているんです。

キャバクラの面接では応募の段階でお店側に、

店長

この子が欲しいな!

と思ってもらわないといけません。

そこで、大切になるのが第一印象です。

つまり、応募をする時点でお店側に与える第一印象を良くしておけば、面接に合格する確率は上がります。

この記事を読めば、お店側にどのように良い印象を与えることが出来るかが理解できると思います。

もちろんキャバクラの面接に限らず、様々な場面で使える方法なのでぜひ試してみて下さい!

キャバクラに面接の応募をする時のポイント

複数の筆記用具

キャバクラの面接と言えば、

お店で面接担当の方に色々質問されるって感じ?

と考えている女性がほとんどです。

しかし、他の職業の面接も含めて、面接は応募する時点から始まっています。

ちなみに、キャバクラの面接は

キャバクラの面接応募方法
  1. 採用担当者に直接電話をしてアポを取る
  2. 求人情報誌やネット求人からメールやLINEで応募する

の2種類が多いので、それぞれの準備するべきポイントを分けてご紹介します。

電話で応募する場合のポイント3つ

黒電話のイラスト

電話で面接の応募をする際、まず注意してほしいのが応募の電話をする時間帯です。

キャバクラと言えば、主な活動時間は夕方~夜中です。

つまり、朝から応募の電話をしてしまうと担当者もまだ寝ている可能性があります。

なので、朝からの電話はなるべく避けた方が良いです。

また、電話で面接の応募をする際に、最も大切なポイントは声のトーンです。

普段の声よりもワントーン上げて、明るくハキハキを喋ると印象が良いです。

1.「相手は忙しい」と思って電話をする

机の上の携帯電話

キャバクラの面接を担当している方は、面接以外にもたくさんの仕事を抱えている人が多いです。

なので、電話をする際はまず、

管理人

お忙しいところ申し訳ありません。

と、もし忙しくなかったとしても、相手を気遣う言葉を必ず最初に言いましょう!

そして、相手が面接担当者であることを確認したら、

今、お時間よろしいでしょうか?

管理人

と、聞きましょう。

すると大抵の求人担当者は

店長

大丈夫ですよ!

と言ってくれます。

2.自分の名前と電話をした理由を簡潔に説明する

空の背景とポイント

近年は、プライバシー問題が話題になっているため、聞かれてもいないのに自分の名前を名乗ることに、抵抗がある女性も多いです。

しかし、電話をしたお店で本気で働きたいなら、求人担当者から名前を聞かれる前に答えるのがマナーです。

管理人

○○(求人情報誌など)を拝見してお電話致しました。△△(自分の名前)と申します。求人担当の方はいらっしゃいますか?

と言ったように、電話をした理由を簡潔に言うのと、自分の名前を言うのはセットだと思って良いです。

3.面接希望日は複数日を言うようにする

働く女性のイメージ

面接を行う際は、必ず日時を決める必要があります。

もちろん、自分の都合に合わせて面接日時の希望を伝えて大丈夫なのですが、ここで2つのポイントがあります。

面接日を決める際のポイント
  1. 時間帯は14時~18時までの間がベスト
  2. 面接希望日はいくつか伝えておく

の2つです。

なぜなら、キャバクラの営業時間帯に面接をしていては、既に働いているキャバ嬢や準備をしているボーイさんの邪魔になってしまう可能性があります。

求人担当の方も、なるべく営業時間に差し支えない時間が良いと思っているので、夕方頃がベストだと思って下さい。

また、キャバクラによってはあなたの面接日にイベントが行われていたり、締め日で忙しかったりすることもあります。

ですので、面接希望日は複数日希望を伝えましょう!

例えば、

店長

お電話ありがとうございます。○○店の△△です。
お忙しいところ申し訳ありません。今お時間宜しいでしょうか?

管理人

店長

はい!大丈夫ですよ!
〇〇(求人情報)を拝見してお電話致しました。△△(自分の名前)と申します。求人担当の方をお願い致します。

管理人

店長

僕が求人担当をしています!面接希望の方ですか?
はい!面接をさせて頂きたくお電話致しました!

管理人

店長

ありがとうございます。それでは早速面接の日程を確認させて頂きたいのですが…

と、ここまで出来れば、後は自分の希望する面接日と時間を

  • 夕方頃に伺うこと
  • 複数の日にち

を求人担当の方に伝えて、面接日を調整してください。

メール・LINEで応募する場合のポイント2つ

携帯から飛ばされる情報

近年は、通信手段がますます発達してきています。

ですので、キャバクラの面接もメールやLINEを使って応募する女の子も多いです。

そして、メールやLINEでの応募のメリットは、電話のように時間を選ぶ必要がない点です。

相手の都合の良い時間に返信すれば良いので、求人担当の方も助かるのが本音です。

ただ、キャバクラの面接などでは割を起こりうるのですが、メールやLINEを送ったのに返信すら返って来ない場合もあります。

返信が返って来ない主な原因は

返信が返って来ない主な原因
  • 既に応募を締め切っていたから
  • 送った文章に不適切な表現が含まれていた
  • たまたま採用担当者がお休みの日だった

と言った原因の場合が多いです。

気軽に送ることの出来るメールやLINEですが、大切なポイントは最低限のマナーを守って文章を書くです。

1.メールやLINEでの面接用文章の注意点

紙で作られたメールの文字

まず、キャバクラの面接用の文章を作成する際に気を付けて欲しいのが、「タメ口や絵文字」です。

面接で送る文章は、どうしても質素な文章になってしまうため、物足りなく感じて敢えて絵文字などを使用する女の子が意外と多いです。

しかし、友達に送るわけではないので、タメ口・絵文字は絶対に禁止と覚えておきましょう!

文章を作る際に使ってはいけない文字
  • ぁたし」→「
  • こんにちわ」→「こんにちは
  • (*^-^*)」・「www」のような記号や顔文字
  • 絵文字

赤文字にしている文字は、自分より立場が上の人には基本的に使用してはいけません。

受け取る求人担当の方によっては

店長

この文章は馬鹿にされているんかな?

と思われたり、

舐めてるんかね?

店長

と言った印象を与えかねませんので気をつけてましょう。

2.面接用の文面の作り方

携帯電話を触る女性

キャバクラの面接用の文章を作成する際は、

  • あいさつ
  • どの求人媒体を見たか(ネット求人やナイトワーク専門誌など)
  • 志望動機
  • 面接希望日

の4つを簡潔にまとめる必要があります。

なので、例文としては

面接用の文章(例文)

採用担当者様、はじめまして。

○○(自分の名前)と申します。

△△(求人媒体)の求人を拝見し、ぜひ面接に伺いたいと思い、ご連絡いたしました。

面接希望日は〇月〇日・△月△日・×月×日のいずれかご都合の良い日にお願いしたいと思っております。

また、時間帯は特に希望はありません。

ぜひ、面接の機会をいただければ嬉しいです。

どうぞよろしくお願い致します。

と言った文章が無難だと思います。

面接希望日を複数挙げることによって、求人担当者の都合やお店側の都合を配慮している気遣いをアピールすることが出来ます。

そして、求人担当者から返信が返ってきた後も、

管理人

ありがとうございます。では、〇月〇日の×時によろしくお願いします。

とお礼のメールを送り、相手側でメールやLINEが止まるようにしましょう!

キャバクラに面接の応募をする際のポイントまとめ

お問い合わせのマーク一覧

今回は、キャバクラに応募する際のポイントについてご紹介してきました。

  • 電話で応募する場合
  • メールやLINEで応募する場合

とでは、若干異なりますが共通しているポイントは、相手(面接担当者)への配慮です。

相手への配慮が出来ているかいないかでは、印象が大きく変わります。

そして、今回の記事で書いた内容をそれぞれまとめると、

電話で応募する時のポイント
  1. 電話を掛ける時間帯は午後~夕方頃がベスト
  2. ハキハキとしたワントーン上げた声で話す
  3. 相手から聞かれる前に自分の名前を言う
  4. 面接希望日は複数伝える
  5. 面接希望時間はお店の営業時間前がベスト

の5つです。

電話は、お互いの声が聴けるため印象良くしておきたいものです。

でも、電話って面倒なんよね~…。

なんて思ってしまっては、様々なお客様に合わせた接客や営業をするのは難しいです。

なので、電話で面接の応募をする時点から、面接は始まっていると思ってください。

次にメールやLINEで応募する際のポイントです。

メールやLINEで応募する時のポイント
  1.  文面は簡潔に作ること
  2. 絵文字や顔文字・小文字は厳禁
  3. 面接希望日は複数伝える
  4. 面接希望時間帯は営業時間前までに
  5. 返信が来たらお礼メールを送ること

の5つです。

応募の時点で、面接は始まっていると思っておいて良いです。

実際に面接で会う前に、面接担当の方に良い印象を与えることは、採用されるかどうかに実は意外と関わってきます。

というのも、キャバクラではお客様に営業する際に電話をしたりLINEやメールをするので、応募の時点から面接担当の方は見ています。

ですので、相手に失礼のないような応募をするように心掛けましょう!